動詞図『カ行、「かく(駆く)」』(006)

◆----------

「かく(駆く)、かつ(徒つ)、かる(駆る)、はす(走す)、わす(走す)、きす(来す)、きつ(来つ)、くゆ(蹴ゆ)、くる(来る)、くwu(蹴wu)、ける(蹴る)、こす(越す)、こゆ(越ゆ)、こる(来る)、こwu(越wu)

--

か(駆)-かく(駆く)-かくる(駆くる)「翔る」

           -かけす(駆けす)-かけさす-かけさせる

           -かける(駆ける)-かけらふ「(空を)かける翔」

    -かす(駆す)

    -かつ(徒つ)「かちゆく、かちさむらひ徒侍、おかちまち御徒町」

    -かる(駆る)-からす(駆らす)-からせる

           -からる(駆らる)-かられる

--

は( )-はす(走す)-はさす(走さす)-はささく「はしこし捷」(k-h相通形)

           -はしる(走しる)-はしらす-はしらせる「はしりで/わしりで」

                    ~さばしる(さ走る)(サ接)

                    ~たばしる(た走る)(タ接)

           -はする(走する)

           -はせる(走せる)(馳す-馳せる)

わ( )-わす(走す)-わしす(走しる)(「はしる」の近世的異形という)

           -わしる(走しる)

--

き(来)-きす(来す)-きさす(来さす)

    -きつ(来つ)-きたる(来たる)

く(蹴)-くゆ(蹴ゆ)-くゆる(蹴ゆる)

    -くる(来る)「やって来る」

    -くwu(蹴wu)-くゑる(蹴ゑる)「くゑはららかす蹴散」

け(蹴)-ける(蹴る)-けらる(蹴らる)-けられる

こ(越)-こす(越す)-こさす(越さす)-こさせる(来す、扈す、遣す)

           -こさる(越さる)-こされる

    -こゆ(越ゆ)-こyeる(越yeる)「ふしこye伏越」

    -こる(来る)-こらる(来らる)-こられる

    -こwu(越wu)-こゑる(越ゑる)「あごゑ(踞/足蹴)」

 

 「足を交互に速く強く動かす」カ行渡り語である。鳥が空を「かける(翔る)」は漢語「飛翔」の影響か。

◆----------