動詞図『サ行、「さむ(狭む)、しく(敷く)、すぶ(統ぶ)、せむ(狭む/攻む)」』(030)

◆----------

「さ/し/す/せ/そ(狭)、さく(狭く)、さぐ(下ぐ)、さむ(狭む)、しく(敷く)、しふ(強ふ)、しぶ(狭ぶ)、しむ(占む)、しる(領る)、すぶ(統ぶ)、せく(堰く)、せぶ(狭ぶ)、せむ(狭む/攻む)、せる(競る)」

--

さ(狭)-さく(狭く)~はさく(は挟く)-はさかふ(ハ接)

    -さぐ(下ぐ)-さがる(下がる)

           -さげる(下げる)-さげらる-さげられる(提げる)

    -さづ(定づ)-さだむ(定だむ)-さだまる

                    -さだめる-さだめらる-さだめられる

           -さづく(授づく)-さづかる

                    -さづける-さづけらる-さづけられる

    -さふ(障ふ)=ささふ(支さふ)

           -さはふ(障はふ)

           -さはる(障はる)-さはらす-さはらせる(触はる)

                    -さはらふ

                    -さはらる-さはられる

           -さへく(遮へく)-さへきる

           -さへぐ(遮へぐ)-さへぎる

           -さへぬ(障へぬ)-さへなふ

           -さへる(障へる)

    -さむ(狭む)-さまつ(妨まつ)-さまたぐ-さまたげる

           ~はさむ(は狭む)-はさます-はさませる(挟む)(ハ接)

                    -はさまる-はさまれる(ハ接)「はさみ挟*鋏」

                    ~たばさむ(手挟む)(タ/ハ接)

           -さまる(妨まる)

           -さみす(褊みす)

    -さゆ(障ゆ)-さやす(障やす)

           -さやる(障やる)

し(狭)-しく(領く)-しかす(領かす)-しかせる〔統治する〕「たかしく高敷、ふとしく太敷」

           -しかる(領かる)-しからる-しかられる

                    -しかれる

           -しきる(領きる)

    -しぐ(締ぐ)-しがふ(締がふ)「しげし茂、しげち茂道、しげの茂野」

           -しがむ(締がむ)「しがみつく」

           -しぐふ(締ぐふ)「しぐひあふ」〔情交する〕

           -しぐる(時雨る)-しぐらふ〔密集する〕「しぐれ時雨」

                    -しぐらむ

                    -しぐれる〔時雨れる〕

           -しげむ(茂げむ)「しげみ」

           -しげる(茂げる)-しげらふ

    -しつ(滴つ)-したつ(滴たつ)-したたる

           -したづ(滴たづ)

           -したむ(滴たむ)

    -しづ(垂づ)-しだる(垂だる)-しだれる「しづye垂枝、しづ/しで垂」

           -しづく(垂づく)「しづく雫」

           -しづむ(沈づむ)-しづます-しづませる

                    -しづまる-しづまらす-しづまらせる

                    -しづめる-しづめらる-しづめられる(鎮める)

                    -しづもる

           -しづる(垂づる)

    -しふ(強ふ)-しひる(強ひる)-しひらる-しひられる「しひかたり、しひて」

    -しぶ(縛ぶ)-しばる(縛ばる)-しばらる-しばられる「くひしばる、とりしばる」

           -しぼむ(萎ぼむ)-しぼます-しぼませる

                    -しぼまる

           -しぼる(搾ぼる)-しぼらる-しぼられる

    -しむ(絞む)-しまる(絞まる)

           -しめる(絞める)-しめらる-しめられる

    -しむ(占む)-しまふ(占まふ)-しまはす-しまはせる(仕舞ふ)「しめ標、しめなは標縄」

                    -しまはる-しまはれる

           -しまる(占まる)

           -しめす(占めす)-しめさす

           -しめる(占める)-しめらる-しめられる

    -しる(領る)-しらす(領らす)-しらしむ-しらしめる(知る/痴る)

                    -しらせる-しらせらる-しらせられる

           -しらふ(領らふ)~あしらふ-あしらはす-あしらはせる(ア接)「おyiしらふ老痴」

                         -あしらはる-あしらはれる

                    ~こしらふ-こしらへる(拵ふ)(コ接)

           -しらむ(領らむ)

           -しらる(領らる)-しられる

           -しるす(領るす)「しるし験/印」

           -しれる(領れる)「ゑひしる/ゑひしれる(酔痴)」

           -しろす(領ろす)-しろしむ-しろしめす(所知食)

                         -しろしめる

す(狭)-すぐ(縋ぐ)-すがふ(縋がふ)

           -すがる(縋がる)

    -すぐ(挿ぐ)-すげる(挿げる)

    -すぶ(統ぶ)-すばる(統ばる)「すばる(昴)、すべつどふ、すべをさむ、みすまる、とりすぶ」

           -すべる(統べる)「すべ術」「すべら皇」

           ~むすぶ(む統ぶ)-むすばす-むすばせる(結ぶ)(ム接)「おむすび」

                    -むすばる-むすばれる

                    -むすべる

                    -むすぼふ

                    -むすぼる

           -すぼむ(窄ぼむ)-すぼます-すぼませる

                    -すぼまる

                    -すぼめる

     -すむ(統む)-すまふ(争まふ)「すまひ(相撲)」

           -すまる(統まる)「wuづすまる、みすまる御統」

           -すめる(統める)「すめかみ、すめみま、すめら/すめろ統*皇、すめらぎ/すめろき皇男」

せ(狭)-せく(狭く)-せかす(堰かす)-せかせる-せかせらる-せかせられる「せき堰*関、せき咳」

           -せかる(堰かる)-せかれる

           -せこむ(狭こむ)-せこめる

    -せぐ(責ぐ)-せがむ(責がむ)

    -せつ(責つ)-せたぐ(責たぐ)-せたげる

           -せたむ(責たむ)

    -せふ(狭ふ)-せはる(狭はる)

    -せぶ(狭ぶ)-せばむ(狭ばむ)-せばまる

                    -せばめる

    -せむ(狭む)-せまる(狭まる)-せまらる-せまられる

           -せめく(狭めく)

           -せめぐ(狭めぐ)

           -せめる(狭める)-せめらる-せめられる(攻める)

    -せる(狭る、競る)「せり競」

そ(狭)-そふ(添ふ)-そはす(添はす)-そはせる-そはせらる-そはせられる

           -そはる(添はる)-そはれる

           -そへる(添へる)-そへらる-そへられる

           -そほる(添ほる)

    -そる(添る)-そろふ(揃ろふ)-そろはす-そろはせる

                    -そろへる-そろへらる-そろへられる

    -そぶ(側ぶ)-そばむ(側ばむ)「そば側」

 

 

 この大きなサ行動詞群は、全体として「せ(狭)」の意を根底に置いている。”間隔を狭くする、距離を縮める”である。「おむすび」に見られる通り、ばらばらの米粒を握りしめて米粒と米粒との間を密にして離れないようにし、球体とする意である。また「せむ(攻む)」であるが、この語は本来”相手、敵との間合いを縮める”意であり、そこに”攻撃する”意はなかった。この大きなサ行動詞群は、別項のはらはらと広げる意をもつ巨大なハ行動詞群と対をなしている。

 

 この雑多とも見える語群の中で、やや異質と思われるものがあるとすればそれは「下、下へ」を言う「さがる/さげる、しづむ」などの「さ/し」語であろう。だが統治することは人民を下にすることであり、「しく、しる」と「しづ」を分けることは難しい。大名行列が行進するにあたって「下にー、下にー」と呼びかけて周辺の人たちを平身低頭させたというが、和語では「し-した(下)」は統治語と見られる。

 

 ここには「しく領」「しる領」や「すぶ統」のような歴史的に重要な政治用語が入っている。「すめら、すめろ」系統の皇室や皇統を言う語はこの「すぶ-すべる(統る)」そのものである。これも上から下へ力を及ぼして為政者と民との間を狭くする意が根本と思われる。尻の下に敷物を「しく(敷く)」もこれであるが、こちらの方が本来の意味を伝えていると考えられる。 

◆----------